株式会社  昭栄美術
代表取締役  小林大輝

健康経営宣言

当社の基本理念に掲げる「ディスプレイ業を通じ社会に貢献し、存在価値のある企業として発展し、社員のしあわせが得られる会社を目指します」を具現化するため、従業員が安心して働くことのできる環境を提供するとともに、事業活動の持続的な成長発展と生産性向上に繋がるよう、積極的に社員の健康保持と増進に取り組んでまいります。

健康経営の主な取り組み

  • (1)健康診断受診率100%の維持
    個人ごとの健康課題を把握することで生活習慣病などの疾病を予防することを目的に、全従業員が健康診断を受診しやすい環境を整えています。
  • (2)特定保健指導の推進
    疾病の予防と改善のため、有所見者に対する社内通達等による受診勧奨や協会けんぽによる保健指導の実施など、検査結果に応じたフォローを適宜実施しています。
  • (3)メンタルヘルスケアの推進
    全社員に対して年1回、ストレスへの気付きを目的としたストレスチェックを実施するとともに、予防に向けた施策として、外部機関との連携によるメンタルヘルスサポート相談窓口の設置等、ストレスの予防・軽減に向けた取り組みを実施しています。
    また、メンタルヘルス不調による休職から復職する際には、産業医と連携をしながら個別フォローを実施しています。
  • (4)ワークライフバランスの充実
    ワークライフバランスの実現に向けたフレックスタイム制、裁量労働制や在宅勤務制度の導入により、従業員の仕事とプライベートの両立を支援します。
  • (5)感染症予防の推進
    季節性感染症であるインフルエンザについては、従業員の予防接種費用の全額負担を実施しています。
    昨今の新型コロナウイルス感染症におきましても、従業員が安全に業務を行うために必要なマスクや消毒液の資材を充足し、従業員の執務テーブルにビニールシートやアクリル板の仕切りを設置するなどして、感染拡大防止に取り組んでいます。
    さらに出入口に消毒液や非接触型体温計を設置するなどして、接客応対時の感染リスク低減などに取り組んでいます。
  • (6)「健康経営優良法人」の認定に向けての動き
    2021年度に健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」に着手しました。今後、従業員の健康保持・増進、生産性の向上などを通じて組織の活性化や業績向上に寄与する取り組みを推進し、経済産業省による「健康経営優良法人認定制度」の認定取得を目指します。
  • (7)従業員の食生活へのサポート
    コロナ禍前より、従業員の食生活サポートやコミュニケーション環境構築の観点から「朝食提供」を実施しています。コロナ禍で一旦中断しましたが、2021年10月より工場セクションの朝食提供を再開致します。

※2019年の年初より、従業員が健康でイキイキと働ける職場づくりを目指して、始業前に朝食を囲みながらコミュニケーションを交わせる場の提供をしていました。
朝食を抜きがちな社員にしっかり朝食を摂り元気に働いてもらいたい、他部署の社員との交流を深めてもらいたい、そんな想いで従業員の働く環境をサポートしていましたが、コロナ禍でやむなく中断をしました。
しかし個包装の実施や食事レイアウトの見直し等、コロナ禍の環境下においても対策を万全に期すことで、出来る範囲内で朝食の提供の再開を行うことを決めました。

健康経営推進組織体制

代表取締役社長の監督の下、管理部門役員を健康経営推進責任者とし、管理部門内の健康経営推進管理者と担当者、衛生委員会、産業医が中心となって必要な施策を立案致します。
また施策の実施に当たっては、適宜、協会けんぽと連携し、経営会議等を通じて全社に展開していきます。

健康経営推進で解決したい課題

  • (1)社内コミュニケーションの活性化
    働き方の多様化に伴い、フレックスタイム制、裁量労働制や在宅勤務制度の導入を致しましたが、その結果、従業員が互いに顔を合わす機会が減少し、社内コミュニケーションの希薄化が感じられます。また従業員の価値観も多様化し、仕事への姿勢や意欲も人それぞれ異なる状況の中で、従業員の離職を防ぎ、できる限り長く勤務してもらうための働きやすい職場環境を整える努力が、今まで以上に必要になってきていると考えます。
  • (2)健康経営優良法人申請で顕在化した課題への取り組み推進
    フレックスタイム制、裁量労働制や在宅勤務制度の導入による残業時間軽減の検証、喫煙率の減少、健康診断有所見者の社内フォローの拡充等、「健康経営優良法人認定制度」の認定取得を目指すことで見えてきた課題がありますので、これらを着実に推進していくことで、従業員の更なる健康促進へとつなげていきたい。

健康経営推進活動の今後の展開

  • (1)従業員のためのコミュニケーションルームの設置
    従業員の満足度向上、従業員の創造力の向上、社内コミュニケーションを活性化させるための多目的スペースを、本社内に設置する。
  • (2)禁煙月間の定期的な設定
    禁煙の動機付けとなる情報提供等の支援を行い、また禁煙月間を定期的に設定・運用をすることで、喫煙者の健康維持のための卒煙の推進を目指す。

健康経営に関する各指標(2020年度)

  1. 定期健康診断受診率:100%(今後も維持します)
  2. ストレスチェック受検率:95.3%(100%実施を目指します)
  3. 定期健康診断後の精密検査受診率:37.9%(受診率向上を目指します)